卓  話 

2016年11月9日

ゲスト卓話

「アメリカ・カナダのロータリークラブ例会の特徴」

ロータリー財団学友会 中城 繁美氏


 私はロータリー財団の社会人交換留学プログラム「G・S・E(Group Study Exchange)」で第7090地区に交換留学をさせていただきました。本日は約40日間滞在中に出席させていただいたこの地区ならではの例会の特徴をご紹介させていただきます。

 第7090地区は北アメリカ大陸東海岸の五大湖のオンタリオ湖とエリー湖の周辺に位置し、カナダとアメリカの国境を挟んだ地区です。世界的観光地のナイアガラの滝はカナダ・オンタリオ州とアメリカ・ニューヨーク州を分ける国境となっています。
 第7090地区では12のクラブ例会へ出席させていただきました。例会時間帯はブレックファストミーティングが2クラブ。6:45〜または7:00開始の出勤前の朝食をいただきながらの例会です。ランチミーティングが9クラブ、ディナーミーティングが1クラブでした。例会で提供されるお食事は、様々な人種の方も多く、宗教上お肉の摂取など食べ物に制限がある理由からビュッフェスタイルが過半数でした。
 オンタリオ州はカナダで最も人口が多く、人口の約3分の1が集まり、首都のオタワもこの州にあります。州都のトロントはカナダ最大の都市です。カナダの元首(対外的代表権を持つ存在)はエリザベスUです。エリザベスUは2016年時点、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ジャマイカ、バハマなど合計16カ国の君主を兼ねています。オンタリオ州はイギリス色が強く、例会場にはエリザベス女王のポートレートが掲げられています。例会での乾杯は“To the Queen, To Canada”とエリザベス女王とカナダ国家に乾杯します。続いてゲストの私を歓迎して“To Japan”と乾杯して下さいました。
 オンタリオ州で特筆すべきものにアイスワインがあります。ナイアガラ・オン・ザ・レイクで生産されるアイスワインは世界的に有名です。アイスワインは、樹に房をつけたまま冬の到来を待つため、鳥類や昆虫の被害にあう確立が高く、作業は真冬の極寒の早朝です。凍った葡萄からは通常の葡萄の8分の1程度の果汁しか絞ることができません。水分の抜けた果実からは甘く芳醇なワインが誕生します。これがアイスワインが高級と呼ばれる所以です。
 オンタリオ州に隣接するケベック州はフランス色の最も強い州で、州都モントリオールはフランス語を話す都市ではパリに次いで2番目に人口の多い都市です。オンタリオ州やケベック州に接するアメリカ・ニューヨーク州には精密工業で有名なロチェスター市や、合衆国最大人口のニューヨーク市があります。ニューヨーク州の例会は大変フレンドリーな雰囲気をもったクラブが多かったことが特徴として挙げられます。ゲストの紹介では、全員が一斉にファーストネームで呼びかけます。例えばビル・ゲイツさんがMAKE-UPに来た場合、「○○RC、Mr.ビル・ゲイツ」と紹介された後、全員が「ハーイ、ビル」と歓迎します。海外ではファーストネームで呼びかけることがフレンドリーとされていますが、私もファーストネームで呼びかけられますと心が和み、同じテーブルの方ともすぐに馴染んでいきました。G・S・Eプログラムに参加させていただいたことで言語の習得や職業訓練に留まらず、あたたかく大きな国、カナダとアメリカを体感できました。また家族のように暮らすことで両国の文化、習慣、宗教など多くのことにも出会いました。このような貴重な体験をさせていただきましたロータリークラブの皆様へ心から感謝申し上げます。


■卓話TOP /// ■HOME

中津ロータリークラブ Copyright(c)
Rotary Club of Nakatsu
All Rights Reserved.